当院紹介

院長プロフィール

増田和典
カイロプラクティック師、整体師、スポーツトレーナー
大阪総合カイロプラクター学校卒業
同校カイロプラクター講師を経て開院
香川県高松市出身。2月12日生まれ
20歳の時に大阪京橋で2年暮らした後、アメリカロサンゼルスに2年留学
家族 妻、子供一人(男の子)
趣味 釣り(子供が生まれてからは行けてませんが)
ウェートトレーニング
スポーツ 今までいろいろやってはきました。
これは人よりはやったぞと思えるのはボディビルですね。
戦績は
香川県ボディビル大会優勝
四国ボディビル大会優勝
西日本ボディビル大会4位
日本クラス別ボディビル大会 70kg級 5位
他には柔道や自転車競技
好きな言葉 忍耐

私が開院した理由

強烈な肩の痛み

1990年の春のことでした。
趣味であるウェートトレーニングをしている時に左肩に激痛が走り、肩が上がらなくなってしまったのです。
あまりの痛さの為、病院で痛み止めを打ってもらってもあまり効果がなく、鍼灸や整骨院に行ってもダメでした。
ある時、雑誌にカイロプラクティックのことが書いてあり、骨を矯正することにより痛みが改善すると書かれてあり、
ワラにもすがる思いでカイロ院を探しました。

カイロとの出会い…なんと数分で!

ようやく探したカイロ院に行って数分後にはあんなに痛かった肩が上がるようになったのです。
それからは、腰が痛くなったらカイロ院、首が痛くなったらカイロ院というように、まずカイロ院に行くようになりました。

カイロプラクティックにどっぷりハマる

ボディビルの現役を引退し、それまでしていたコンビニの経営をやめようと思った時に、
「自分の残りの人生はカイロとともに生きよう!」と瞬時に思いました。
ウェートトレーニングで体を痛めた人や自分の妻、子供、親、兄弟を自分がカイロを勉強したら治せるんじゃないか…。
それだけじゃなく、腰・肩が痛い人ってたくさんいるし…。
これって凄い仕事じゃないか!
これがきっかけでこの業界に入ることになり
そして念願かなって開院

このような症状の方も是非一度ご相談下さい

腰痛、ぎっくり腰、坐骨神経痛、脚のシビレ、股関節の痛み、膝の痛み、頭痛、めまい、肩こり、寝違い、手・腕のシビレ、肘の痛み、肩が上がらない、背中の痛み、猫背、骨盤の歪み、O脚・X脚などのプロポーションの悩み、不眠、胃腸が悪い、
食欲不振、便秘、下痢、冷え性、むくみ、生理痛、生理時の腰痛、更年期による体調不良、倦怠感、疲労感、ダイエットなど

は休診日です

Page Top